愛車の査定を挙げるために必要なこと

自動車買取一括査定を利用すれば短時間で一度に複数店からの査定を受けられますのし、相場を理解することが出来るので安い額で手放すこともなくなります。

また、一括査定の場合競争原理も働きますので査定額は高くなります。
一方では買取店としても出来れば安く仕入れたいのが本音。

そのため一般的に、最初の査定額はディーラーの下取り価格にプラスアルファが上乗せされた額になりますので、「ディーラーの下取りとあまり変わらない」というケースも起きてしまうのです。

車の査定額は

・車種、年式、グレード等、自動車の状態
・中古市場に於ける価値
・店舗の販売力や整備力
・中古車の流通経路
・店舗の在庫状況
・利益率

など、様々な物が絡み合うのです。
査定額に10万円以上もの大きな差がつくことも珍しくないのはそのためです。

例えば査定してもらった車がたまたま買取店に在庫がなく、更には問い合わせまで来ているようなモデルであれば買取店としては多少高くても良いので買取りたいと思うでしょう。
一方、人気はあるものの在庫が多い場合、一時的に買取額を低くするケースもあります。

だからこそ複数の買取業者に見てもらうことで、愛車の大まかな相場が分かるのです。
特定業者だけに査定を受けただけでは市場価値までは分からないのです。

また、車買取一括査定サイトには市場価値を理解するだけではなく、様々なメリットがあります。

無料で自宅まで査定にやってきてくれます。
しかも様々な業者がです。

業者側としても、お客様が複数の業者に買取りの依頼をしていることは分かっています。
そのため、欲しいなと思ったら買取業者は他の業者よりも高額を提示しなければならないのです。

A社が100万円で買取ると査定した場合、他の会社は本気で買取ろうと思ったらA社以上の額、つまり100万円以上の査定を出さなければなりません。

もしもそこでB社が102万円を提示する。
その場合、買取ラインが102万円になりますので、欲しいと思ったらそれ以上…といったように、業者間でオークションが行われるのです。

愛車を高く売る場合、一括査定サイトの利用が必須とされているのはこのためです。

一方、業者同士を競わせるのは難しいのではないかと不安に思う人もいるかもしれませんが、一括査定を活用すれば驚く程簡単です。

流れは以下になります。

1.一括査定を申し込む
2.連絡をくれた業者の中から自分の好きな業者を選ぶ
3.交渉は行わず、見積もりをもらうだけに留める
4.一番高額な査定額をベースに、他の業者に話してみる
5.最も高い査定額の業者に買取ってもらう

これだけです。

実例を出すとしましょう。様々な業者から査定をしてもらった結果が以下だったとします。

A社:140万円
B社:130万円
C社:120万円
D社:110万円
E社:125万円

この場合、一番高いのはA社の140万円。
この数字をBからE社に伝えれば良いのです。
交渉としてではなく、断りの電話と言っても良いでしょう。

「A社で140万円と提示してもらったのでそちらにします」とでも告げれば、相手としてもやはり反応を変えざるを得ません。

査定した段階では他の業者がどれくらいの額を提示したのかまでは分からないだけに、提示額はまだまだゴールではないのです。

140万円をベースに交渉すれば、欲しいと思ったら他の業者は「じゃあうちは145万円出しますよ」と言ってくれるかもしれません。

すると、今度は交渉のベースは145万円になりますので、この数字を元に他の業者に連絡してみましょう。

結果、一番高い所に買取ってもらえば良いのですが、注意点としてはあまりにしつこい価格交渉は控えるべきです。

業者側から「釣り上げているんだな」と思われると交渉から撤退されてしまう可能性もあります。

ディーラーの下取りをと考えている人はこの後に査定額を伝えればディーラー側も買取額を参考にした上での下取り額を提示してくれるでしょう。

あとはディーラー、買取業者を含めて一番高い所に売却すれば良いだけです。
価格面だけではなく、交渉材料としても使えるからこそ、車買取一括査定が高額買取の第一歩なのです。