車の買取額が高くなるタイミングがあるって本当?

車を手放すのであれば誰だって少しでも高く…と思うものです。

少しでも高く手放すために一括査定を駆使したり車の状態に気を使ったり、購入する時からリセールバリューの高いモデルを狙ったりと、人それぞれ様々な意識を持っているかと思いますが、タイミングもまた、大切な部分です。

3月、そして9月、このタイミングこそ車を高く買取ってもらえるチャンスなのです。

この時期は日本では決算期になります。
決算期は車を購入する人が多いのです。

そのため、中古車販売店はそのタイミングで多くの在庫を確保しておきたいのです。

在庫がなければ売れません。
売れなければ利益になりません。

そのため、普段よりも多少高い額を出してでも買取を行ってくれるのです。

また、車を購入する側にとっても決算期は値引き交渉が行いやすい時期になりますので、購入するにせよ売却するにせよ、決算期がそのタイミングだと覚えておくと良いでしょう。

注意点としては3月に売却する場合、タイミングがずれると自動車税を負担しなければならなくなります。

4月1日に保持していると自動車税の支払義務が生じます。
仮に4月2日に売却してもです。

3月から売却に動いたものの、いろいろと長引いて4月1日になってしまうと税金の負担が出ますので、年度末での売却を考えているのであれば2月から動いた方が良いでしょう。

車検のタイミングは?

決算期のタイミングも大切ですが、自動車にとって何より重要なタイミングもあります。

そうです、車検です。

車検の残りによって買取価格も異なると思っている人も多いのですが、実際には車検を入れても車検費用分査定が高くなることはありませんので、車検を入れる前に売却した方が良いのです。

但し、注意点としては車検が切れないうちに売却すべき点です。

車検が切れてしまった場合、公道は走れなくなります。
車検が失効している車での運転は6点減点。

更に車検が切れている場合、自賠責が切れている可能性も高いので、個の場合はさらに6点減点。

ちなみに6点減点すると30日間免許停止になりますし、12点の減点で90日の免許停止になります。

また、当然ですがすでに3点以上失っていた場合、免許が取り消しになってしまう点数です。気を付けましょう。

モデルチェンジのタイミングも大切

モデルチェンジのタイミングも大切です。
現行車種の方が高く売れるのはわざわざ説明するまでもないのですが、つまりはモデルチェンジが行われて愛車が「過去のモデル」になってしまうと当然ですが買取額は低くなってしまいますので、愛車の売却を考えた時、モデルチェンジの噂も確認しておきましょう。

モデルチェンジが行われると同じ状態でも価値が下がってしまいますが、モデルチェンジの噂が出ていない時であればまだまだ価値も保たれます。

ではいつ売るのがベストなの?

では具体的に、どのタイミングで自動車を売却するのが良いのか。

考えれば考える程、いつ売るべきなのかよく分からなくなるかと思いますが、結局の所ベストタイミングは

「今でしょ!!」

です。予備校講師・林修氏の言葉を拝借させていただきましたが、結局車を売却する際、考えれば考える程損をしたと思ってしまうものです。

また、タイミングの問題もあれば年式の問題もあります。
基本的に自動車は新しい方が高く売れますので、「いつが良いのだろう」と思ってあれこれ思案しているうちに、時間は過ぎていきます。

つまり、査定額が下がっているのです。

買取店側の事情もあります。

決算のタイミングだけではなく、お店の在庫状況や急激な市場価値の変化など、買取価格は常に変動しますので、売ろうと思ったタイミングの中でベストの選択肢を考えるのが良いでしょう。

いつ売るのか悩むよりも売ろうと思った時に一括査定等で相場を知り、その中で高く売る。
このような考え方をすべきです。