似て非なる下取りと買取。メリットとデメリットをチェック!

下取りと買取、自動車にあまり興味を持っていない人にとってはどちらも同じ物だと思うでしょう。もちろんこの両者は似ているようで異なるものです。

つまりは特性が異なるだけに、メリットやデメリットも異なるのです。

ではどちらが得なのか。結論から言えば買取の方が高い額になるのですが、なぜ高くなるのか。
理屈の部分を知りたい方も多いかと思いますので、買取と下取り、それぞれのメリットやデメリットについて解説させていただきます。

同じじゃないの?買取と下取りの違い

そもそも買取と下取りの違いとはどこにあるのか。
買取とは車を買取ってもらうことです。

買取専門業者など、買取業者も多数ありますが、そこに愛車を売却することを一般的に買取と呼びます。
一方の下取りとは、これから車を購入する人が現在乗っている車も同じ業者に引き取ってもらい、新しく購入する車の額から差し引いてもらうことを指します。

「自分の愛車を手放す」という点が同じなので、どちらも同じものだと錯覚してしまうのも仕方ないかもしれませんが、この両者はそれぞれ特性が異なるのです。

買取と下取りのメリット・デメリットは?

それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのか、まずは簡単な表でまとめてみました。

買取 下取り
メリット 1.高く買取ってもらえる
2.社外パーツを評価してもらえる
1.手間がかからない
2.車の納車まで乗れるので空白期間がない
デメリット 1.自分で行わなければならない
2.車をすぐに引き渡さなければならない
1.金額が安い
2.社外パーツがあると査定が下がる

買取店のメリット1.高く買取ってもらえる

買取店は買取りのプロです。
後述しますが、下取りしてくれるディーラーは販売のプロであって下取りのプロではありません。

更に買取店はビッグモーターのような直接販売している所もあれば、ガリバーのように大量買取によってオークションコストを削減するなど買取ノウハウが豊富な店舗もあります。
競争原理が働けば価格が高まります。

もしもですが、A社が70万円と査定したとします。
本気でその車が欲しいと思ったら他の買取会店はA社が査定した70万円以上を提示しなければなりません。
競争原理がない下取りとの最大の違いはここにあります。

買取店のメリット2.社外パーツを評価してもらえる

買取店は基本的にどのような車でも買取ってくれます。
ディーラーのように「それはちょっと…」とはなりませんので、社外パーツにも値段が付きます。

買取店のデメリット1.自分で行わなければならない

自分自身で買取店を探し、交渉することになりますので、1からすべてディーラーが行ってくれる下取りと比べればやはり手間はかかります。

手間をかけるからこそ高く買取ってもらえると考えることも出来ますが。


買取店のデメリット2.車をすぐに引き渡さなければならない

買取契約がまとまった瞬間、車の持ち主は買取店に移動しますので、すぐに車を渡さなければなりません。

まだ用事がある…と思っても譲渡契約が成立した以上、相手の物になってしまいます。
代車を出してくれる所もあるのですが、オプションで別途料金がかかるケースもあります。

下取りのメリット1.手間がかからない

下取りの場合、下取りから新車の購入までディーラー側が面倒を見てくれます。
自分自身で行うことなどほとんどありませんし、違う店舗に何度も何度も足を運ぶ必要もありません。

下取りのメリット2.車の納車まで乗れるので空白期間がない

下取りの場合、すべてディーラーが行います。
そのため、新車までの期間は今の車に乗り、納車する際に車を手放すことも可能です。
その点はディーラー側としても考えてくれていますのでスムーズです。

日常生活の中で車が無いデメリットを回避出来ます。

下取りのデメリット1.金額が安い

販売店は販売のプロであって買取のプロではありません。
更には競争原理も働いていません。言葉は悪いですが、ディーラー側は「自分たちが引き取るんでしょ」という思いがありますので、「いくらを提示したところで結局はうちを頼るしかない」といった奢りもありますので、高値はつきづらいのです。

下取りのデメリット2.社外パーツがあると査定が下がる

ディーラーにとって社外パーツなど申し訳ないのですが邪魔なものでしかありませんので、査定の際、まったく値が付かないどころかマイナスになってしまうケースもあります。

下取りが高いパターン

下取りの方が買取よりも基本的に安いのですが、高くなるパターンがあります。

1.売却するメーカーと購入するメーカーが同じ

同じディーラーの場合、少々査定が高くなります。
ディーラーには認定中古車という制度がありますので、良い状態であればメーカー側が「状態の良い中古車です」として販売しますので、この場合、高くなるケースもあります。

特に輸入車ではこの傾向にあります。
最近は輸入車も中古車販売に力を入れていますので同じメーカーの場合、下取り価格が高まります。

2.ディーラー側の都合

ディーラー側にも都合があります。
イベントやノルマなど・・・。
それらの時には高く買取ってもらえるでしょう。

まとめ

下取り、買取、それぞれメリットとデメリットがありますので、それぞれを吟味した上でどちらかを選ぶと良いでしょう。