事故車や修理車の買取はどうすれば良いの?

事故や故障、ダメージ。
車を運転していれば何かが起きるものですが、買取のことを考えると事故や故障は当然ですが修理した方が良い…と誰もが考えるでしょう。
ですがこれ、逆なんです。

不思議に思う人もいるかもしれませんが、実際には修理などせず、そのまま買取ったもらった方が得になるのです。

なぜ修理をしない方が良いのか

修理した方が印象も違うし、そもそも事故や故障のまま買取に出すのも気が引ける…。
誰もが思うことでしょう。

お金云々ではなく、礼儀などマナー面でのことを考える人も多いかと思いますが、整備工場等で修理を依頼する場合、工賃には人件費等も加算されていますし、当然ですが利益も含まれています。
原価で修理してくれるような業者などいません。

自己を起こした車は当然査定は下がります。

修理すれば事故を起こしている状態よりは高くはなるでしょう。
ですが、修理費用として支払った分をカバー出来るかといえば、それは違うのです。

人件費、工賃、そして業者の利益、これらが「修理費」に含まれていますので、修理して回復した分の査定よりも高くつくのです。

その点買取業者の場合、修理は自前で、当然原価のみしかかかりません。
更に言えば、業者にとって事故車・修理車など見慣れたものです。

事故車を持ってきてもマナーがなっていないので査定額を下げる…なんてことはないのです。

修理の程度の問題

修理の程度の問題もあります。
運転手・持ち主という立場で事故を起こした場合、修理するとなれば当然100%回復させるでしょう。「とりあえず走れば良い」とはいきません。

ですが買取業者の場合、最低限の修理になります。
つまり、修理代金はどうしても多くなってしまうとともに、業者側は修理代金をそこまでかけませんので、この差額が埋まることはないのです。

つまり、修理しても得をするようなことはないのです。

修理代金>減額された査定額

という図式は覆ることはないのです。

修理の際も見積もりを出してもらおう

修理を依頼する際、こちらも見積もりをもらうと良いでしょう。

どこで修理するかによって修理費用も変わります。
ディーラーでの場合、基本的にすべて純正品を使用した修理になりますので質が高い分、修理費用は高くなります。

一方、修理工場に依頼する場合、合致するものや中古品で安く仕上げてくれますので安くなりますが、質という点ではどうしてもディーラーに劣ります。

壊れたままでも問題なし

自動車の査定は、いわば自動車の価値からマイナス要素を引いていく減算式になります。

そのため、事故や故障個所があればどうしても減額にはなりますが、減額はいわば修理費用分を引いている程度であって、車の価値そのものを下げるような査定は行われませんので安心出来ます。

印象に関しても業者にとって査定ポイントはお客の態度ではなく、車の状態です。
気にする必要はありません。

買取を行ってもら際のポイントは?

事故車の買取査定を行う場合、査定額が出された際に「現状での買取額」だけではなく「事故で減額した額」も確認しておくと良いでしょう。

事故で減額することになった料金、そして複数の一括査定業者に見積もってもらった修理代金、
これらを比較することによって損にならない業者がどこなのかが分かります。

修理を行うことによって数万円程度の差が生じることも決して珍しくありませんので、この点もよくよく考えておいた方が良いでしょう。

事故をきっかけに車を手放そうかなと考える人は珍しくありません。
その際、修理をするのが礼儀だと勘違いしている人も珍しくないのですが、買取業者にとっては事故はそこまで問題ではないのです。

悪いことをしている訳でもないのです。
事故車でも堂々と査定してもらえばいいといえるでしょう。